LADYMAGA

「熊本地震」余震回数過去最多!今後も引き続き警戒必要!!

      2016/05/28

      

4月14日と16日に熊本で発生した大地震。この地震をきっかけに熊本県や大分県では規模の大きな地震が頻発し、被害も拡大してしまいました。

本震発生から1ヶ月以上経過した現在でも、余震が続いており、熊本地震の余震は過去最多を記録しています。

スポンサードリンク

熊本地震の余震、過去最多を記録

気象庁は5月19日、震度1以上の地震回数が熊本地震発生以来、1500回に達したと発表しました。

19日午前11時現在で、最大震度別の地震の回数は、震度7が2回▽震度6強が2回▽震度6弱が3回▽震度5強が4回▽震度5弱が7回▽震度4が88回▽震度3が255回▽震度2が545回▽震度1が594回となります。

一連の熊本地震が発生してから4月末までに観測した震度1以上の発生回数は1093回。5月に入った当初は1日あたり30回前後を数える日もありましたが、10日過ぎから15回前後に減少。震度4を超える地震は13日以降、観測されていません。

気象庁によると、余震が多かった2004年の新潟県中越地震でも、1000回を超えるまでに約1年かかったといいますが、熊本地震では、約2週間で1000回を超えてしまいました。

同庁の地震津波監視課は「ペースとしては早い状況だ」と説明し、本震発生から1ヶ月での震度1以上の余震回数は過去最多となります。

スポンサードリンク

 

今後、1〜2ヶ月後が危ない!?

政府の地震調査研究推進本部は13日、一連の地震活動について、「大分県中部の活動は減衰しているが、熊本県熊本地方と阿蘇地方の活動は依然として活発だ」との分析を発表しました。

そのうえで、「九州地方ではマグニチュード6クラスの地震発生後、2〜3カ月後に震源に近い地域で同程度の地震が発生したことがあるため、今後も最低2カ月程度は、M5〜6、震度6弱以上の余震に見舞われるおそれも否定できない」と述べています。

今回の震源に近い熊本県阿蘇地方では、1975年1月にM6.1の「阿蘇地震」、その3カ月後にM6.4の「大分県中部地震」が発生したほかにも、鹿児島県薩摩地方では1997年3月と5月にM6.6とM6.4が相次ぎました。

また、2004年の新潟県中越地震(M6.8)や2011年の東日本大震災(M7.0)でも、本震から1〜2カ月後にM5程度の余震が観測されたことから、熊本県から大分県では引き続き、十分な警戒が求められます。

 

【関連記事】
熊本地震 今後はどうなる?専門家の最新予測は?

南海トラフ地震はいつ起こるのか?最新情報や被害想定まとめ

熊本地震 「今後、日向灘地震に注意」地震予知連絡会で報告

【熊本地震】余震はいつまで続くのか?今後の専門家の見解は!?

 - news , , ,