LADYMAGA

鳥越俊太郎 女性問題を文春がスクープ!被害者の女子大生は上智大?!

   

      

東京都知事選に立候補してからというものの、「きちんとした政策がない」「認知症なんじゃないか?」などと都知事としての資質を疑問視する声があがっている鳥越俊太郎氏。

都知事選出馬の記者会見の時には、質問した女性記者に対し「それは2人きりになった時にゆっくり」などと、セクハラ発言をしたことも話題になっていましたが、ついに女性問題で文春砲が撃たれました。

鳥越俊太郎氏と言えば、昔から女性好きで有名で、共演した女子アナを片っ端から口説いていたということですが、今回の文春砲はそんな”女性好き”で片付けられるような生易しいものではありませんでした。

ネット上では「上智大学重大事件」というキーワードも注目されており、今回の文春砲との関連も疑われています。

スポンサードリンク

鳥越俊太郎の女性問題 文春砲の全内容

週刊文春によりますと、2002年頃、鳥越俊太郎氏は私立大学のメディア関係の教授と親しかったため、よくマスコミ志望の学生のゼミに顔を出したり、相談に乗るなどしていたと言います。

当時、新進気鋭のジャーナリストとして活躍していた鳥越俊太郎氏は学生達の憧れの的でした。

しかし、一部の学生の間では「鳥越さんは露骨に可愛い女子学生にだけよく声をかける」と、噂になっていたと言います。

実際に鳥越俊太郎氏は地方から出て来ている女子大学生達に「東京の父と思いなさい」と話し、お気に入りの女子学生を自宅に招いたりしていたようです。

 

そして、2002年の夏、そのうちの一人の女子大学生に「君の誕生日パーティーをやろう」と声をかけ、鳥越俊太郎氏の運転する車で、二人きりで富士山麓にある別荘に向かったのです。

還暦を過ぎた男性と二人きりでとは、女子大学生にしてみれば、本当にお父さんのような存在だと思っていたのでしょう。

最初は紳士的に振る舞っていた鳥越俊太郎氏ですが、徐々に本性を表します。

男性経験のなかった女子大生に無理矢理キスをして、「君はそんなに性の事、何も知らないのか?」「バージンなんて病気だと思われるよ」と関係を強要したと言います。

女子大生は必死に抵抗し、その日は何とか難を逃れましたが、次の日の帰り道も、鳥越俊太郎氏は女子大生に「ラブホテルに行こう」と誘って来たと言います。

 

当時20歳だった女子大生はこの事がトラウマになってしまい、鬱状態に。自殺を考えるようになってしまいました。

 

思い悩んだ女子大生は当時付き合っていた彼氏(現在の旦那さま)に相談し、激怒した彼氏は鳥越俊太郎氏に直接抗議。

被害にあった女子大生と彼氏、鳥越俊太郎氏の3人で話し合いがもたれました。

その話し合いの場では「もうこの先長くないし、テレビからは引退する」とその場を治めたと言います。

その後、鳥越俊太郎氏は女性に対し「これを公表されたら自殺する」とメールを打っています。女性はさらに精神的に追い込まれていきました。

さらに鳥越氏は「A子は妄想癖がある」などと周囲に言いふらし、女子大生に対し「だから周りに言いふらすと不幸になるといっただろう」などと反省の色はゼロだったようです。

 

「テレビからは引退する」と言っていたにもかかわらず、その後もテレビに出続け、挙げ句のはてに東京都知事選にまで出馬した鳥越俊太郎氏に当時の彼氏で現在の旦那さまは激怒し、文春に告発したのでした。

スポンサードリンク

鳥越俊太郎氏の文春砲は上智大学重大事件なのか?

鳥越俊太郎氏といえば、「上智大学重大事件」というマスコミでは報道されていない事件の噂があります。

詳細は全く分からず、「鳥越俊太郎氏が上智大学でなにか重大な事件を起こしたのでは」といった本当にぼんやりした情報しか出てこず、今日まで都市伝説のように密かに囁かれていました。

そして今回、文春でこの事件がスクープされた事により、この事件こそが「上智大学重大事件」なのではとの見方が強まっています。

実際、2002年当時、一部週刊誌がこの事件を嗅ぎ付けて、記事にしようとしましたが、結局はうやむやにされてしまっているようです。

 

鳥越俊太郎氏側はこの記事を事実無根として刑事告訴の準備に入っているとマスコミに発表していますが、文春側はその当時の「示談書」を入手していると言います。

一部では、鳥越氏のこの抗議も都知事選までの時間稼ぎではないかと言われています。

 

文春は一発では仕留めないと言われています。果たして第二、第三の砲撃はあるのでしょうか?

 

【関連記事】
鳥越俊太郎は認知症?!文字の乱れや奇行で高須クリニック院長が判定?

 

 - news , , , ,