LADYMAGA

東京五輪エンブレム決定 創価学会が仕組んだ「出来レース」だった!?#オリンピック#組市松紋#野老朝雄

      2016/05/01

      

images
2020年東京オリンピック・パラリンピックの新たな大会公式エンブレムが決定しました。選考を行う組織委員会の有識者会議「エンブレム委員会」は、25日に東京・港区の組織委員会のオフィスで最終選考を行い、最終候補4作品から「市松模様」が特徴的なA案が選ばれました。選考委員21人中13人がA案に投票し、1回の投票ですんなり決まったとの事です。

【関連記事】
東京五輪新エンブレムはどれに?国民人気調査と結果予想

 

スポンサードリンク

2020年東京オリンピック・パラリンピック エンブレム

Print

組市松紋
歴史的に世界中で愛され、日本では江戸時代に「市松模様(いちまつもよう)」として広まったチェッカーデザインを、日本の伝統色である藍色で、粋な日本らしさを描いた。
形の異なる3種類の四角形を組み合わせ、国や文化・思想などの違いを示す。違いはあってもそれらを超えてつながり合うデザインに、「多様性と調和」のメッセージを込め、オリンピック・パラリンピックが多様性を認め合い、つながる世界を目指す場であることを表した。

デザイナー 野老朝雄(ところあさお)
ところ朝雄【経歴】

1969年  東京都新宿区で生まれる
1992年  東京造形大学デザイン学科建築専攻を卒業後、AAスクールに在籍
2001年  アメリカ同時多発テロ事件の起きた9月11日から独学で紋様の制作を始める
2002年  東京コンピュ-タ専門学校(現・東京アニメーションカレッジ専門学校)非常勤講師
2010年  東京造形大学非常勤講師、桑沢デザイン研究所非常勤教員
2011年  日本建築仕上学会 学会賞 作品賞 住宅部門受賞
2013年  武蔵野美術大学非常勤講師

野老朝雄(ところあさお)さんは、自身のデザインしたエンブレムを「とても長い時間をかけてデザインしたので、わが子のような作品です。」と語りました。野老さんは、東京造形大学で建築を専攻後、ロンドンのAAスクールに留学。「繋げる」をテーマに、定規やコンパスで再現可能な紋と紋様を制作しています。また、建築家、デザイナーとの恊働で多くのプロジェクトに参加、今春にリニューアルした大名古屋ビルヂングにも関わりました。

 

「出来レース」疑惑

東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムは4月8日に最終候補4作品が発表されていました。エンブレム委員会では国民の意見をハガキやネットで募り、国民の意見も参考に、エンブレム委員が投票によって決めるとの事でしたが、どうやらそれは建て前だったようです。旧エンブレム選考委員だったデザイナーの平野敬子さんは、自身のブログで

2016年4月8日、五輪エンブレムの最終候補4作品が発表されました。公開されたA、B、C、Dの4つのデザイン案が並んでいる様子を見て、デザインの特徴から「A案」と「BCD案」という1対3の構図に見えました。4案の中で1案を選ぶという方法論において、先頭に配置された1案だけが際立つ見え方は不適切であり、「A案」ありきのプレゼンテーションだと受け取りました。
〜(略)〜
「A案」は、日本の伝統文化を中心的なテーマとし、日本の伝統的なデザイン様式を登用しており、つまり「A案」の、スポーツという要素をいっさい含まずに日本の伝統様式が表現されたプランと、「BCD案」の、スポーツをテーマとして表現されたプランとの静と動の対比となっています。
〜(略)〜
複数のデザイン・プランの嗜好を分析する場合、精度を求める調査では、「A・B・C・D」や「1・2・3・4」という順列を示す記号は用いません。なぜならば、記号の順列が心理に影響を及ぼし、調査結果に影響するからです。ですので通常は、例えば「K・G・l・M」といったランダムな、相互の関係性に意味が生じない記号を用いることが適切とされ、この方法によって公平かつ精度の高い調査結果が得られることとなります。今回の五輪エンブレム4案発表の構図を見る限りにおいては、デザインとしての良し悪しの問題以前のこととして、比較論として「A案」が選ばれやすい状況が整っている、つまり「A案」に特別な優位性が与えられた不平等な発表形式であると受け取りました。「A案」がオリンピックに相応しいデザインかどうかという観点は別として、専門的な見知としては、エンブレム委員のグラフィックデザイン専門家が「BCD案」を押すということは考えづらいと思います。ですので、エンブレム委員のグラフィックデザイン専門家の中では「A案」ありきの審査結果だと分析しています。

平野敬子オフィシャルブログ

と語っています。確かに、言われてみれば、あの手この手で、A案が目立つようにしているような・・・。

スポンサードリンク

東京オリンピックは創価学会に乗っ取られた?

そして、こちらも最終候補発表直後からささやかれていた事ですが、このA案、創価学会のシンブルマークとそっくりなんです。

創価学会
ここまで似てると、もう言い訳のしようがないような・・・。前エンブレムのパクリ問題で白紙になり、今回の候補作を選ぶ上で、他の商標登録など、似たデザインの物がないか8000万円もかけて調査し、実際に何点かは候補から外されたそうですが、なぜ、このデザインは候補から外されなかったのでしょうか?創価学会と言えば、豊富な資金で政界・芸能界・スポーツ界・経済界・警察までもを手駒にし、絶大な影響力を持っています。また、舛添都知事の奥様は創価学会の幹部との事ですし、競技場の建設業者である大成建設も創価学会の息のかかった企業です。ここまで揃うと、あながち、ただの噂でもないのかもしれません。創価学会の最終目的は日本国支配だとも言われています。日本中が同じ方向を向く「東京オリンピック」は創価学会にとって絶好のチャンスなのかもしれません。なんとも怖い話ですね。
【おすすめ記事】2016年 東京・関東・甲信越の花火大会情報#日程#打ち上げ数etc

 

 - news , ,