LADYMAGA

相武紗季 結婚相手の年商15億円社長の父親は暴力団員だった?!

   

      

先日、5月3日に結婚した女優の相武紗季さん。

結婚相手は、報道では「一般男性」とされていましたが、フタを開けてみれば、年商15億円の化粧品などを販売する会社の社長だったと判明し、がっかりした男性も多いのではないでしょうか。

現在は六本木の高級マンションで新婚生活をスタートさせているという相武紗季さんですが、なんとその結婚相手の父親が暴力団員ではないか?との報道がされたのです。

スポンサードリンク

結婚相手の社長の経歴

相武紗季さんと旦那さんが知り合ったのは約3年前。俳優の金子ノブアキさんの紹介でした。

相武紗季さんに一目惚れした旦那さんが、猛アタックを繰り返し、去年の始め頃からお付き合いが始まったそうです。

結婚相手の36歳社長は、なんとあの、海老蔵さんの暴行事件で有名になった西麻布の会員制バーのオーナー。若い頃はヤンチャで渋谷のクラブなどで働くなど、夜の世界を渡り歩いていたそうです。その流れでこの会員制バーをオープンさせました。

この会員制バーはジャニーズのタレントなど芸能人の隠れ家として利用されており、そこから芸能関係者との人脈を作っていたようです。

26歳で会社を立ち上げた時も、昔の付き合いが完全に断ち切れていない事を心配する声もあったようですが、現在では立派に会社を経営されており、「けっしてイケメンではありませんが、礼儀正しい青年と評判をきいています」(マスコミ関係者)との事です。

 

スポンサードリンク

結婚相手の社長の父親

この相武紗季さんの結婚相手である36歳社長の父親が暴力団員ではないかとの疑惑が持ち上がりました。

知人に話を聞くと「相武さんのご主人のお父さんはその筋の方で、彼が小さい頃に亡くなったそうです。彼自身がそう言っていたことがあります」と語っています。

また、暴力団関係者は「彼の父親は、九州では泣く子も黙る指定暴力団『二代目道仁会』の副会長を張った大親分として、この世界では有名でしたよ。普段から『武器』を持ち歩くような武闘派として知られていましたが、20年ほど前、内部抗争の結果、亡くなったのです。自宅に帰ってきたところで、頭などを銃で撃たれるという衝撃的な事件だった。相武さんの旦那さんは、その時まだ中学生でした」と話しています。

さらに、相武さんの旦那さんの出身地である福岡県で暮らす、彼のいとこにも確認したところ「確かに彼のお父さんはヤクザでした。でも、彼自身は優しくて、問題を起こすこともなかったですよ」と話していました。

この事を、直接、旦那さんご本人に取材を申し込んだところ、代理人の弁護士から「父親が暴力団員であったことは間違いありません。彼の生い立ちに関する詳細については、相武氏には伝えていないとのことです」との回答が。

今現在は旦那さんは暴力団との関係はなく、真っ当にお仕事をされているのだとは思いますが、相武紗季さんにとってグッドニュースではないのは確かです。

今後のお仕事やお二人の仲に、影響が出ない事を祈ります。

 - entertainment , ,