LADYMAGA

「美味しんぼ」連載再開?!雁屋氏がブログで言及!!

   

      

美味しんぼ
休載中のグルメ漫画「美味しんぼ」作者の雁屋哲氏が、14年5月より休載されている同作品について、「再開うんぬんについては、今、私の一存では言えません」と現状を伝えました。

スポンサードリンク

雁屋さんは22日、今年に入ってから初めてブログを更新し、「ずいぶん長い休載ですが、終了したわけではありません。ただ、再開うんぬんについては、今、私の一存では言えません」と連載の再開状況について報告しました。漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」で連載されていた「美味しんぼ」ですが、2014年4月28日号に掲載された「福島の真実篇」での、主人公・山岡士郎たちが福島第一原発を見学した後、疲労感や鼻血が出る症状を訴えるシーンが問題となりました。その後、2014年5月より休載しています。雁屋さんは、休載について「鼻血問題とは、全く関係がありません」と主張しており、編集部に小学館、作者である自身は、どんな圧力にも「屈することは絶対にありません」と断言しています。「ただ、『美味しんぼ』は、基本的に食べ物を主題にしており、原発問題だけを取り上げる漫画ではありません。その点は誤解のないようにお願いします」と続け「原発問題にとどまることなく、話の幅を広げ、より面白い漫画にしていくつもりです」と宣言していました。

また、「いくら何でも連載30年は長すぎだ。そろそろ終わりにしたいと思っています。」とし「どんな形で終わらせるか。今までの登場人物総出演で、おいしい食べ物の話でどんちゃんどんちゃん楽しく騒いで大団円。そう考えています」と最終回の構想も明かしました。

スポンサードリンク

雁屋哲さん公式ブログ

またまた、ご無沙汰を
このブログを再開すると言ってから、また休止してしまいました。
2015年の末から、2016年の始めに掛けて、転倒してすねの骨を折ったり、更に転倒して肋骨にひびを入らせたり、しかも途方もなく悪質な風邪にかかって、三ヶ月近くも苦しんだり、散々な目に遭い、ブログを書く気力がなかったのです。いまだに、声が良く出ません。折角の美声なのに、とみんなに言われてくさって居ます。
〜中略〜
「美味しんぼ」は現在休載しています。ずいぶん長い休載ですが、終了したわけではありません。ただ、再開云々については、今、私の一存では言えません。その機会が来れば、スピリッツ誌の編集部から、読者の皆さんにお知らせすることになるでしょう。念を押しておきますが、今回の休載は、例の鼻血問題で各方面から圧力がかかったからではありません。鼻血問題とは、全く関係がありません。それに、たとえどの方面から、どのような圧力がかかろうとも、スピリッツ編集部、小学館は勿論、作者である私も、それに屈することは絶対にありません。「美味しんぼ」は、これまでにいくつかの企業、団体から、気にくわないことを書いたと言うことで、攻撃を受けて来ました。「美味しんぼ」一つのために、小学館の発行する雑誌の全てに対する広告の出稿を止めて圧力を掛けてきた企業もあります。広告の出稿停止は、出版社にとって大きな痛手です。それでも、私も、スピリッツ誌も、小学館も、そのような圧力に屈することなく、必要であれば、政府、大企業、各種団体を遠慮なく批判してきたという実績があります。今回も、鼻血問題が騒がれたあとも、スピリッツ誌編集部も小学館も私の意見に何一つ干渉することなく、「福島の真実編」を途中で掲載中止にするようなこともせず、最後まできちんと連載を続けました。小学館は、弱い立場にある私達物書きが、自由に発言できるように守ってきてくれたと私は心から感謝しています。ただ、「美味しんぼ」は、基本的に食べ物を主題にしており、原発問題だけを取り上げる漫画ではありません。その点は誤解のないようにお願いします。必要があれば、これからも原発問題に触れることもあるでしょうが、食べ物に関しては、まだ様々な題材があるので、原発問題に留まることなく、話の幅を広げ、より面白い漫画にしていくつもりです。しかし、いくら何でも連載30年は長すぎだ。そろそろ終わりにしたいと思っていますが、どんな形で終わらせるか。今までの登場人物総出演で、美味しい食べ物の話でどんちゃんどんちゃん楽しく騒いで大団円。そう考えています。スピリッツ誌からのお知らせを、今少しお待ちください。

雁屋哲の今日もまた

 - entertainment , , ,