LADYMAGA

50TA「ノコギリガール」再び!ドッキリスター狩野英孝in台湾#ロンドンハーツSP

   

      
50taロンハーノコギリガール

出典 Twitter

4月8日放送の「ロンドンハーツSP」で、あの伝説のアーティスト「50TA」が復活。台湾で行われたドッキリライブで名曲「ノコギリガール」を披露しました。

スポンサードリンク

ドッキリスター狩野英孝in台湾

今回「ロンドンハーツSP」は「ドッキリスター狩野英孝in台湾」と題し、なんと台湾で観客700人を集めて50TAのドッキリライブを開催しました。ロンドンハーツは台湾でも放送されており、その台湾から「ライブのオファーが来た」と言う言葉を信じきった狩野英孝さんは今回も本当にノリノリ。オープニング1曲目で、あの名曲「ノコギリガール」を披露しました。

ちなみに、7年前のライブの模様がこちらです。

名曲「ノコギリガール」

ノコギリガールと言えば、青木さやかさんのイメージが強いという方も多いと思いますが、それもそのはず、この「ノコギリガール」でCDデビューしたのは青木さやかさんなのです。もともとは狩野英孝さん扮する「50TA」がCDデビューするはずだったのですが・・・・なんと、ロンブーの敦さんとエイベックス担当者の会話の行き違いで「CDデビューは青木さんとか可能ですか?」と聞いたのに対し、敦さんは「青木さんと狩野ですか?」と勘違い。敦さんは「全然、狩野でしょ」と答えると今度はエイベックス担当者が「全然、可能でしょ」と勘違い。この行き違いが原因で狩野英孝さんが作った曲で、青木さんがデビューする事になったのです。その事を知らされずに、自分がCDデビューできると思っている狩野英孝さんは、番組が企画したCDデビュー記念「50TA」復活ライブをノリノリでやりきり、ライブ終了後に敦さんに青木さやかさんがCDデビューする事を告げられました。
作詞・作曲に使われている名義「桜田 神邪」(さくらだ しんや。正確には、苗字と名前の間に“山”をシンボライズしたマークが入る)は、淳さんからの提案であり、狩野英孝さんの実家である櫻田山神社から来ています。タイトルの「ノコギリガール」は狩野の制作過程を見たスザンヌさんが、「ひとりでトイレにいけるもん」は同じくmisonoさんが考えたもので、淳さんの誘導により決定されたそうです。


スクリーンショット(2016-04-09 0.23.29)

「50TA」台湾での結末は

やっぱり、台湾でも最後のオチは・・・

スポンサードリンク

 - entertainment , , , ,