LADYMAGA

財前宣之”天才”中田に天才と言われた男の現在は?

   

      

言わずと知れたサッカーの天才、大スターの中田英寿さん。

そんな中田英寿さんに「絶対にかなわない天才」と認めさせた選手がいたことをご存知でしょうか?

その「天才」と言われた選手が財前宣之(ざいぜんのぶゆき)さんです。

「怪我さえなければ」という接頭語が必ずつく財前宣之さん。

いったい「天才」財前宣之とはどんな人物で、どのようなサッカー人生を送ってきたのでしょうか?

スポンサードリンク

天才・財前宣之のプロフィールと不遇なサッカー人生

名前:財前宣之(ざいぜんのぶゆき)

生年月日:1976年10月19日(39歳)

出身:北海道室蘭市

身長/体重:170cm/66kg

ポジション:ミッドフィルダー

利き足:右足

中学時代から読売ユースに所属し、読売への入団テストではボールを持った瞬間に「合格」となったという逸話を持っています。

高校時代は東京実業高校に通っていましたが読売ユースをメインに活動しており、1993年のU-17世界選手権ではU-17日本代表の中心選手として、リーグ戦三試合全てでマンオブザマッチを獲得。

当時の日本サッカーのレベルでは世界とは戦えないと言われていましたが、ベスト8進出に貢献し、大会ベストイレブンにも選出されました。

その時のU-17のメンバーからは後の日本代表に財前宣之さんや中田英寿さんなど4人が選出されましたが、当時、中田さん達はどうしたら財前宣之さんに認めてもらえるようなプレーが出来るかを、常に考えていたと言います。

 

その後1995年にはヴェルディのトップチームに所属しましたが、すぐにイタリア・セリアAの名門SSラツィオへサッカー留学。

1996年にはスペイン1部のリーガ・エスパニョーラのチームに、かなりの期待を背負い移籍しました。

 

しかし、ここから前田宣之さんのサッカー人生は怪我によって狂い始めます。

リーガ・エスパニョーラの監督・チームメイト・ファンの期待を一身に受けていた前田宣之さんですが、言葉が上手く通じず、以前膝の痛みを訴えた時に「やる気がない」と見なされてしまった経験から、ひざに痛みを抱えながら試合に出場し、靭帯断裂の大けがを負ってしまいます。

それでも監督は「財前の怪我が治ればチームは立ち直る」とコメントしていましたが、財前宣之さんの怪我は大きく、そのままチームを去ることになってしまいました。

 

日本に帰ってからは、早く復帰したいという一心で、靭帯断裂からわずか半年、完治していない状態で復帰してしまいます。

V川崎に所属していましたが、その後2度目の靭帯断裂。チームを解雇されてしまいました。

 

その後はクロアチアのリーグなどにも参加しましたが、1999年に清水監督の誘いを受けてベガルタ仙台へ入団。

しかし、移籍後わずか6試合で3度目の靭帯断裂を起こしてしまいます。

解雇を覚悟していた財前宣之さんでしたが、監督からは「10番は空けて待っている」と言われ、懸命なリハビリを経て1年後に復帰。

復帰後はクラブの中心選手として、圧倒的な技術力に裏打ちされたプレーでチームを勝利へと導き、2001年のJ2最終戦、パープルサンガ戦では試合終了直前にチームを初のJ1昇格に導く決勝ゴールを挙げました。

その後モンテディオ山形でプレーしますが33歳で戦力外通告。しかし現役にこだわった財前宣之さんはその後もタイのリーグでサッカーを続け、35歳まで現役のサッカー選手として走り続けました。

 

財前宣之さんにはこんなエピソードも。

イタリアサッカー界の英雄アレッサンドロ・ネスタは取材していた日本人記者に「財前は今どこでプレーをしている?」と聞き「Jリーグの2部だ。」と伝えると「信じられない。あんな素晴らしい選手が2部でプレーしているなんて。」とコメントしたといいます。

各国のレジェンド級の選手から賛辞を送られる財前宣之の凄さを証明しています。

スポンサードリンク

天才・財前宣之の現在は?

財前宣之さんは現在、2012年に引退してから、仙台で財前フットボールスクールというサッカースクールを自ら主催し、子供達にサッカーを教えたり、未来のスター選手を発掘するスカウト活動なども行っています。

財前宣之さん自身、怪我によって輝かしいサッカー人生を失ってしまった経験から、怪我をしない体作りや、次世代につなぐ才能あふれた選手の育成に力を注いでいます。

 

なぜ、北海道出身の財前宣之さんが東北でスクールを開校したのかというと、Jリーグ時代にベガルタ仙台→モンテディオ山形と東北で11年間もの間サッカーをさせてもらったお礼の意味があるようです。

 

現在、結婚しているのか、交際相手がいるのかは不明です。ブログを頻繁に更新していますが、そうした情報については一切分かりませんでした。

 

大スター中田英寿さんに「天才」と認められた選手が、怪我によって活躍出来なかったことは本当に残念ですが、人一倍、辛い思いや苦労をしてきた財前宣之さんだからこそ、素晴らしい選手を育てられる指導者になれるのではないでしょうか?

近い将来、財前宣之さんの育てた選手が世界で活躍する日が来るかもしれません。

 

【おすすめ記事】
アンディ・マレーとリオ準決勝で錦織が対戦!プレーの特徴と美人妻とは?

内村航平の嫁・上谷千穂は略奪でき婚?母・周子さんとの不仲説も!

 

 - entertainment , ,