LADYMAGA

山の日の由来とは?なぜ8月11日に制定されたのか?その理由とは

      2016/08/13

      

2016年8月11日から新たに実施される国民の祝日「山の日」。

学生は夏休み中なのであまり関係ありませんが、社会人にとっては嬉しい祝日が1日増えました。

ところで「山の日」ってどんな意味があるんでしょうか?

その由来とは何なのか?なぜ8月11日になったのか?調べてみました。

スポンサードリンク

山の日の由来とは?

「山の日」を作ろうという取り組みが始まったのは2010年の事でした。

きっかけは、1996年に「海の日」が祝日となり、「山」の祝日もつくるべきだとの声が上がったことでした。

「日本山岳会」「日本山岳協会」「日本勤労者山岳連盟」「日本山岳ガイド協会」「日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト」の山岳5団体が中心となり「山の日制定協議会」が発足され、祝日制定への運動が行われました。

「山の日」制定の理由を、山の日制定協議会は以下のように述べています。

わが国の文化は、「山の文化」と「海の文化」の融合によってその根幹が形成されたといわれます。
「山の日」は、美しく豊かな自然を守り、次世代に引き継ぐことを国民のすべてが銘記する日です。

祝日「海の日」と対をなして、皆が山との深いかかわりを考える日にしたいと思います。

山々がからだの健康や心の健康に欠くことのできないフィールドであることを再確認し、登山の楽しみを広く伝えたいと念願します。

引用 日本山岳会HP

スポンサードリンク

山の日はなぜ8月11日に制定されたのか?

ではなぜ、山の日は8月11日に制定されたのでしょうか?

 

当初、山の日制定委員会は6月の第一日曜日を「山の日」に制定したいと考えていました。

なぜなら、毎年6月の第一日曜日に山開きが行われるからです。

第一日曜日に山の日を制定すれば、振替休日で月曜日も休みになり、ゆっくり登山を楽しむ事ができます。

 

6月には現在祝日がなく最適だと思われたのですが、国会議員や企業から「8月のほうが社会的影響が少なく、授業日数にも影響が出ない」ということで、6月は却下され、8月のお盆の時期に制定されることになりました。

8月のお盆には田舎に帰る人が多いことから、地元の山に触れ合ってもらいたいという意味も込められているようです。

 

ではなぜ、8月の中でも11日になったのでしょうか?

一般的に13日からお盆休みに入る企業が多いために、当初、8月12日に制定しようという声がありました。

しかし、8月12日は日航ジャンボ機墜落事故(1985年)が起こった日で、追悼行事などが毎年8月12日に行われている事から、遺族の気持ちを考慮して、前日の8月11日を「山の日」と制定したようです。

8月11日は、漢字の「八」の字が山の形に、数字の「11」が木が並んでいる形に見えるとも言われているようです。

 

2016年から始まった、新しい祝日「山の日」。

すがすがしい山の緑に囲まれてリラックスするのも、たまにはいいかもしれません。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 - event , ,