LADYMAGA

南海トラフ大地震は5月17日に起こる!?未来人の予言とは?

      2016/05/17

      

今、ネットを中心に南海トラフ大地震が5月17日に起こるのでは?と話題となっています。なぜ「南海トラフ大地震が5月17日に起こる」なんて具体的な噂が出ているのでしょうか?

スポンサードリンク

未来人の予言

この噂は”2026年から来た未来人”なる人物が2ちゃんねるの掲示板に書き込んだ予言が騒動の原因となっています。

”2062年から来た未来人”は、2ちゃんねるオカルト版において、2010年11月~12月、2011年7月、2012年1月に降臨したとされる人物です。この人物は、日本人男性ということはわかっていますが、名前、年齢、住所等は不明。極秘調査が目的で現代に来たといいます。

未来人は、ユーザーからの未来に関しての質問にかなり詳細に答えており、自然災害に関して質問されると「自然災害に関することや人口動態変化に繋がることは言えない」と述べながらも、2010年11月14日に以下のことを書いています。

「ただし、忠告しておく。

yあ 間 N意 埜 b於 ㋹

この暗号のような文章をユーザー達は「山に登れ?」「海面上昇でもあるのかな?」「とんでもない規模の津波が来るのかな?」

…と、解読。そしてその約4ヶ月後……。

2011年3月11日 マグニチュード9の巨大地震 東日本大震災が発生したのです。

2062年未来人の残した暗号「山に登れ」は、やはり「津波が来るので高い所に避難しろ!」という予言だったのか!とネットは騒然となりました。

そして、震災が起こった後、2062年未来人は、2011年7月22日に再び現れ「地震に関しては、本当に申し訳なかった。あれが私が出来る範囲の最大限の警告だったのだ。」と説明。

さらに、2062年未来人は「今回の任務が完了したら2016年4月15日へ行く。また会えたらいいな」「2016年4月、非常に大事な事を伝えに行ったが困惑した。 的確で冷静な判断を頼む」と書き込みをし、姿を消しました。

そして、14日午後9時26分ごろ熊本県熊本地方を震源地とする最大震度7マグニチュード6.5の大地震が起き、また、16日1時25分ごろ、熊本県熊本地方を震源地とする最大震度6強マグニチュード7.1の“本震”といわれる大地震が起こりました。

これにより、「未来人が言っていた4月15日とは、この地震の予言だったのでは?」との憶測がネットで流れました。

そして再び「2062年未来人」とみられる人物は約束通り、ネット掲示板に現れました。
スクリーンショット(2016-05-16 23.03.22)

スクリーンショット(2016-05-16 23.03.33)
ここでは「昨日の地震から4月15日に来たのは偶然ではない」と書き込んでおり、2062年未来人が今回の再来したのは、熊本大地震の警告だったと考えられます。また、「これから南海トラフ大地震が必ず来る」「その前兆としてに日向灘で地震が起こる」という書き込みもしているのです。

「2062年未来人」は繰り返し「南海トラフ大地震に備えよ」という警告をしており「5月17日にまた来る」とあります。

5月17日に再びネットに現れると書いているだけではあるのですが、4月15日のことを鑑みると、「5月17日にまた大地震などの災害が起こる」という予言ではないのか?という事なのです。

スポンサードリンク

もちろん、2ちゃんねると言う誰でも書き込みが出来る掲示板で、素性も分からず、信憑性については、怪しいとしか言いようがありませんが、3.11や熊本地震の事を考えると、どうしても少し気になってしまいます。

南海トラフ大地震については、専門家でも意見が分かれており、いつ起こるのかは現在の科学では明確に予測する事ができません。

果たして「南海トラフ大地震が5月17日に起こる」という2062年未来人の予言は当たってしまうのでしょうか?

 

【関連記事】
2062年 未来人は5月17日に何を語ったのか?その内容とは!?

 

 - entertainment, news , ,