LADYMAGA

抹茶でラクやせダイエット!その効果や飲み方など詳しくご紹介

   

      
抹茶ダイエット

出典 MARY

最近ではスイーツにもよく使われている抹茶。スイーツではよく食べるけど、なかなか抹茶を飲むことってないですよね?!でも、この抹茶、実はスゴいダイエット効果があるんです。

スポンサードリンク

抹茶のダイエット効果って?

お茶に含まれる成分“カテキン”と“カフェイン”にダイエット効果があることはよく知られていますよね?カテキンによる脂肪燃焼効果をうたったトクホのお茶は大ヒットしましたし、お茶ダイエットもブームとなりました。しかし抹茶には”カテキン”と”カフェイン”以外にも様々なダイエット成分が含まれおり、これらの成分が合わさって痩せやすい体質へと導いてくれるのです。それでは早速、抹茶のダイエット効果を見て行きましょう。

 

・カテキン

カテキンには食事で摂取した脂肪の吸収を抑える働きがあります。脂質を分解する消化酵素の働きを阻害することで、脂肪の吸収を抑制します。また、カテキンには、脂肪の燃焼を促進させる効果もあり、肝臓にある脂肪の燃焼に関する酵素を活性化させることで、脂肪を効率よく燃焼させます。

 

・カフェイン

カフェインにも脂肪の燃焼を促す働きがあり、特に内臓脂肪を優先的に燃焼させます。抹茶を飲んだ後は、カテキンとカフェインのダブルの効果で、脂肪を燃焼させやすい状態になりますので、運動を取り入れるとさらに効果的です。

 

・食物繊維

抹茶は茶葉をまるまる飲むため、食物繊維をたっぷり摂ることができます。その量は抹茶1杯でおよそサツマイモ35gに相当。この豊富な食物繊維が、体内の余分な糖や脂肪を捕まえて体外に排出します。

 

・葉緑素

抹茶には葉緑素という天然色素が含まれています。クロロフィルとも呼ばれるこの葉緑素には、血中コレステロールに吸着して体外に排出する働きがあります。葉緑素の働きによりコレステロール値が下がることで、血行が促進され代謝が上がり、痩せやすい体質に変わります。

 

・タンニン

タンニンとは、渋みのもととなるポリフェノールの一種です。抹茶に含まれているタンニンには、脂肪の吸収を抑制する働きと、脂肪を分解してエネルギーに変える働きがあります。タンニンの作用によって脂肪燃焼力を高めることができます。

スポンサードリンク

抹茶はいつ飲むのが効果的?

抹茶のダイエット効果を最大に引き出す為にはどのタイミングで飲むのが効果的なのでしょうか?

 

・朝に抹茶を飲む

1日の始まりである朝に抹茶を飲むことで、その日1日効率よく脂肪を燃焼させることが出来ます。抹茶の脂肪燃焼効果は飲んでから6〜8時間続くので、朝一番で抹茶を飲めば、1日中、脂肪燃焼効率の良い体でいられるのです。

 

・食事と一緒に抹茶を飲む

食事と一緒にに抹茶を飲むのもダイエットには効果的です。食事で摂った脂肪の吸収を抑えてくれるのと同時に、食物繊維が腸の動きを活発にし、脂肪を排出しやすくなります。食事と一緒に抹茶を飲むことで、脂肪の増加要因を最低限に抑えられるのです。

 

抹茶は1日どのくらい飲むのがベスト?

抹茶は1日に6g摂るとダイエット効果が出やすいと言われています。抹茶小さじ1杯で約2gですので、1日3杯以上飲むと良いでしょう。朝一番と毎食ごとに飲むのを習慣に出来れば、楽に4杯は飲めますね!ぜひ、習慣化しましょう。

 

抹茶のダイエット成分を引き出す入れ方

お茶でダイエットと言うと、高温で入れた方が成分が出やすいような気がしますが、抹茶は煎じて飲むものではなく、お湯で溶かして飲むものですので、お湯を熱くすれば成分が抽出できるというものではありません。
抹茶の場合、むしろ逆です。抹茶をたてるときに、絶対にやってはいけないことは、熱湯を使うことです。

抹茶は70~80℃くらいのお湯で淹れると美味しく、成分もたくさん抽出できます。抹茶のダイエット効果を高めるには、適温で抹茶を淹れることを心がけましょう。

 - health&beauty , ,