LADYMAGA

黒バナナの美容効果が超すごい!ダイエット&アンチエイジング

      2016/03/08

      

 

黒バナナダイエット

出典 WOMAGAzine

皆さん、バナナはお好きですか?バナナと言えば値段も手頃で、手に入りやすく、手軽に食べられますし、腹持ちも良いので朝食代わりに食べる方も多いと思います。”朝バナナダイエット”もその手軽さが受けて、かなり流行りましたよね?!ところで皆さん、バナナは黄色いうちに食べなければと思っていませんか?それ、とても損しているんです。

スポンサードリンク

バナナは黒くなってから食べるべし!

黒バナナ

出典 livedoor NEWS

皆さん、この写真のバナナを見て、どう思われるでしょうか?食べ頃をすぎてしまった熟れ過ぎのバナナ?古くなって痛んでしまったバナナ?いえいえ、違うんです。この黒くなってしまったバナナこそ、味的にも、栄養成分的にも、まさに理想的な”食べ頃”のバナナなんです。そもそもこのバナナの茶色い斑点は、痛んでしまって出来たものではありません。この斑点は、シュガースポットと呼ばれ、これが現れるとバナナの糖度が増して、甘くなってきたという印なんです。シュガー(甘い)スポット(印)、そのままですね(笑)。

黒くなったバナナは栄養成分がすごい事に!

ここからが本題なのですが、この黒バナナ、甘くておいしいだけじゃないんです。なんとこの黒バナナ、黄色いバナナよりも甘さが増しているのに、身体に悪影響を与える糖分は減っているのです!バナナには通常、ブドウ糖・果糖が6割、ショ糖が4割含まれているそうです。ブドウ糖と果糖はエネルギー代謝が早く、身体に残りにくいのですが、問題はショ糖です。このショ糖は肥満のもとになると言われていて、脂肪になりやすい糖分なのです。その美容に大敵なショ糖ですが、黒バナナになると、全体の1割にまで減少するそうなのです。また、代謝UPに必要な酵素も、なんと8倍にも増えます。酵素は20代をピークに40代からは急激に減少すると言われています。酵素が不足すると、太りやすくなるのはもちろん、疲れやすくなったり、お酒が抜けにくくなるなんて事も。そして、黒バナナの健康効果はまだまだあります。食物繊維の量も増え、オリゴ糖も10倍にも増えるんだそうです。これにより、腸内環境が整えられ、便秘が解消され、お肌もキレイになります。しかも、免疫細胞の7割が腸にあると言われていて、腸の環境を整える事で免疫UPにもつながるのです。

とは言え、食べ過ぎは厳禁です。1日の上限は2〜3本にしましょう。また、酵素は熱に弱いので、生のまま食べてください。朝食で摂る場合は、朝は内蔵が疲れているので、黒バナナのみ食べるのがおすすめです。

スポンサードリンク

黒バナナの作り方と保存方法

作り方

黒バナナの作り方はとっても簡単です。皆さんのご想像通り、買って来て4〜5日放置しておくだけ。シュガースポットが全体の5割くらいになってきたら食べ頃です。通常バナナは、15度から20度で熟成するそうなので、常温で放置で問題ないと思います。ですが、そんなに待っていられない方はバナナをポリ袋に入れ口をしっかり縛っておきましょう。バナナの根元から発生するエチレンガスの影響で熟すスピードが早まるそうです。バナナは房のまま置いておくと、自分の重みで接地面が痛んで来てしまいますので、なるべくバナナスタンドやS字フックなどで吊っておきましょう。もしそのまま置いておくのであれば、房を裏返しにして接地面を極力少なくしておきましょう。

保存方法

黒バナナをそのまま常温で置いておくと、熟し過ぎて痛んできてしまいます。食べ頃の黒バナナが出来上がったら、今度は根元にラップをまいてエチレンガスの影響を少なくして、冷蔵庫の野菜室で保管しましょう。5割以上黒くなっても問題はありませんが、中が全体的にグニャッと黒くなり、酸っぱいニオイがするようなら痛んでいる証拠なので、食べるのをやめましょう。

黒バナナはダイエットにもアンチエイジングにも理想的なスーパーフード!

いかがでしたでしょうか?黄色いバナナと黒バナナでこんなにも栄養価が違ったなんて、本当に驚きですよね?!ローカロリーで太りにくく、アンチエイジングや健康維持にも高い効果を発揮する黒バナナ。ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

 - health&beauty , , ,