LADYMAGA

熊本地震 今後はどうなる?専門家の最新予測は?

      2016/05/28

      

4月14日と16日に熊本で発生した大地震。この地震をきっかけに熊本県や大分県では規模の大きな地震が頻発し、被害も拡大してしまいました。

この熊本地震の余震は1ヶ月以上経過した現在でも続いており、5月19日には、震度1以上の地震が1500回を超えました。

いったい今後はどうなっていくのでしょうか?専門家の最新予測をまとめてみました。

スポンサードリンク

政府の地震調査委員会の最新予測

政府の地震調査委員会は5月13日、今後も最低1カ月程度は熊本県熊本・阿蘇地方で最大震度6弱程度、大分県中部は同5強程度の余震が発生する恐れがあり、引き続き十分注意が必要との評価をまとめました。

大分県中部の地震活動は減衰しているが、熊本・阿蘇は「減衰しつつも依然として活発」との事です。

調査委はさらに、九州では1975年に熊本や大分、97年に鹿児島県薩摩地方でM6級の地震が相次いだケースについて「近接する地域で2~3カ月の間を置いて、同程度の地震が発生した」と指摘。熊本、大分両県の広い範囲で「今後も最低2カ月程度は、震度6弱以上の揺れに見舞われることも否定できない」としました。

また、活断層のメカニズムに詳しい東北大学の遠田晋次教授は「体に感じる地震は、今後、1か月から2か月で急激に減る可能性はあるが、それよりも規模の小さな地震活動は数年以上にわたって活発な状態が続くとみられる。地震の規模は時に大きくなる可能性もあるので、活動の推移を長期間、監視することが必要だ」と話しています。

 

早川正士電通大名誉教授の最新予測

早川名誉教授は、「熊本地震はまだ終息しておらず、余震があると考えている。」と述べています。

5月25日に発表された調査内容によると、熊本県八代市の千丁で異常変動が見られており、この異常変動は先週に続き、拡大しているとの事です。

また、熊本地震の震源地の地盤の隆起や沈降も不安定な動きをしており、引き続き警戒をした方が良さそうです。

具体的にいつまで警戒をした方が良いのかは、余震の影響や新たなひずみの発生などがあるため、現時点で、いつまでと明言はできないようです。

スポンサードリンク

村井俊治東大名誉教授の最新予測

村井名誉教授は、「今後も熊本地震の影響による連鎖的な地震および、付随する余震に十分注意すべき」と述べています。

5月19日の東洋経済の取材によると、熊本地震から1ヶ月経ち、余震の回数も減り、落ち着いて来たように思えるが、落ち着いていないと言います。

地球は想像以上に柔らかく、プレートを細かく区分けした存在である「地体」は、海の上に乗っている大きな船のようなもので、沈降と隆起を繰り返しながら絶えず、個別に方向を変えており、地震の日を起点に地面が動いているとの事です。

この動きが落ち着かない限り、余震や新たな地震の可能性はなくなりません。

村井名誉教授は熊本を含めた九州・沖縄で、M5クラスの地震が今後起こる可能性を示唆しています。

 - news , , ,