LADYMAGA

ベッキー「金スマ」復帰回の視聴率が紅白を越えた!

   

      

”ゲスの極み乙女。”のボーカル川谷絵音さんとの不倫疑惑が報じられたことで謹慎を余儀なくされたタレントのベッキーさんが5月13日放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で復帰。一連の騒動について謝罪をしました。

スポンサードリンク

この「金スマ」でベッキーさんが復帰するニュースは各局でも報道され、日本中が注目していましたが、なんと視聴率が紅白越えの48.5%と2016年度の最高視聴率を獲得しました。

この日、ベッキーさんは白いスモッグブラウスにジーンズというラフな格好で登場。「金スマ」の人気企画”ひとり農業”のロケに参加し、番組の後半、MCの中居さんと2人きりで話すという形で、今回の騒動の経緯を説明。謝罪をしました。

その中でベッキーさんは、川谷さんと不倫関係であった事を認め、「好きになってしまってから結婚している事を知った。2人の間では正式に付き合うのは、離婚が成立してからと約束していた。友達、友達と言いながら、何度も会ってしまった。会見では、恋愛関係にありながら、正式にはお付き合いしていないから”友達です”と子供の言い訳のような嘘を付いてしまった。」と謝罪しました。

また、LINEでのやり取りも「会見の前の日、その頃は感情に溺れており、まだお付き合いしたいと思っていたので、ありがとう文春と言ってしまったり、これで堂々と歩けるなどと言ってしまった。」と説明し、川谷さんの実家に行った事も「実家には親戚のお子さんがいて、私に会わせたいと誘われた。実家に誘ってくれたと言う事は真剣に考えてくれているのではないか?断ったら相手の気持ちが離れてしまうんじゃないかと思い、怖くて断れなかった。好きという気持ちが大きくなってしまって周りが見えなくなっていた。今となっては本当に悔やんでも悔やみきれない程バカなことをしたと思っている。本当に情けないが、ブレーキを掛けなければいけない場面は何回もあったのに、私は毎回ブレーキがかけられなかった。」と語り、中居さんに「本当に好きだったんだね」と問われると「うーん・・・・好きでしたね。それは、好きでした・・・・ごめんなさい。」と涙をこらえながら答えていました。

そして最後にメッセージを求められると「ファンの皆様、テレビをご覧の皆様、お騒がせしてしまって本当に申し訳ございませんでした。1月に行った記者会見もたくさん間違いがありました。言葉を届けるお仕事をしているのも関わらず、違う事をお伝えしてしまって本当に反省しております。人としてもプロとしても本当に最低だったと思います。色々な方々を傷つけ、悲しませ、裏切ってしまい本当に深く深く反省しております。お許しは頂けないと思うんですけれども、またこのテレビのお仕事を、1から、マイナスから始めさせて頂きたいと思っています。今回の話に嘘はありません。本当に反省しています。もう二度と皆さんを裏切る事のないように・・・本当にすみませんでした。」と涙ながらに謝罪の言葉を述べました。

スポンサードリンク

この放送をみた視聴者からは、割と好意的な意見が多数寄せられていましたが、ベッキーさんの完全復帰の道のりはまだまだ長いようです。

休業した3か月の間にはポストベッキーも現れ、“ベッキー不要論”も浮上しています。

関西テレビの『にじいろジーン』には清水富美加が新加入して、視聴者のウケもいい。ベッキーさんがいなくても数字的には変わらず、そのポジションそのものがなくなりつつあるケースさえあります。今後、積極的にベッキーさんを起用するレギュラー番組がどこまであるでしょうか?

【関連記事】
ゲス川谷ブログで謝罪もツイッターが大炎上

ベッキー「金スマ」での謝罪内容の全貌と視聴者の反応

ベッキー「金スマ」でまた涙の謝罪!放送禁止への署名活動も!?

ベッキー復帰に反対の声殺到!「金スマ」番組収録済みも放送予定たたず!

 

 - entertainment , , ,