LADYMAGA

ジョジョ実写化はガセ(デマ)なのか?ネタ元の信憑性が低すぎる!?

      2016/06/05

      

29日、突如ネット上で「ジョジョの奇妙な冒険」の実写化のニュースが駆け巡り、ユーザーの間で話題騒然となりました。

「ジョジョの奇妙な冒険」と言えば、言わずと知れた大人気漫画。芸能人などの間でも熱狂的なファンがたくさんいて、アメトークなどでも企画が組まれたほどです。

この熱狂的なファンが多い「ジョジョの奇妙な冒険」が実写化されるとなれば、ファンは黙ってはいません。

ネット上では「ジョジョの奇妙な冒険」実写化に賛否両論吹き荒れました。

スポンサードリンク

記事によると

“実写映画化説”が浮上しては消えていた『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)だが、ついに2018年、実現することが決定したようだ。主演は数年前に報じられた嵐・松本潤ではなく、現在“最もマンガ実写化に適した俳優”と称される山崎賢人が務めるという。
『ジョジョ』は、荒木飛呂彦氏原作の長編マンガで、1987年より「週刊少年ジャンプ」で連載スタート。今回の実写映画は、最も人気が高いとされる第三部で決定しており、山崎は主人公・空条承太郎を演じるとみられている。
〜中略〜
主演の山崎に関しては、今回の『ジョジョ』登板について「いい意味で個性がなく、アクがない」部分が買われているそうだ。「女性人気が高い上、どんな役でもソツなくこなす山崎は、実写化不可能といわれた『ジョジョ』の主役にうってつけの人材なのかもしれません」
〜中略〜
関係者の間では、幾度なくと浮上した“ジョジョ実写化説”。数年前には松本の主演説が業界中に駆け巡ったものだが、「確かに企画は進行していましたが、何らかの理由により頓挫してしまったようです。しかし、今回はすでに撮影など進行スケジュールも決まりつつあるし、出演や制作陣のトップによほどのことがない限り、企画が流れることはないでしょう」

サイゾーウーマン

この記事に対し、原作ファンからは

などの、批判的なツイートが多く寄せられました。

 

しかし、一方ではこんな意見も

サイゾーウーマンでは2012年にも”「ジョジョの奇妙な冒険」が嵐の松本潤主演で実写化される”と報道しています。
http://www.cyzowoman.com/2012/01/post_5083.html

確かに、サイゾーウーマンと言うと、事実を伝える報道サイトと言うよりは、ゴシップなど、フィクションの要素が入った記事が多く、信憑性の面では低い印象はありますし、「ジョジョの奇妙な冒険」実写化のニュースがサイゾーウーマンからだけと言うのは気になります。

現に、過去何度もサイゾーウーマンの記事はガセだとネットで炎上した事もありますし、記事の当事者から「事実無根」と抗議を受けることもあるようです。

しかし、先の「鋼の錬金術師」の実写化を日刊サイゾーがスクープしている実績もある事から、一概にガセだとも言い切れないのも事実です。

いったいこのニュースの真相はどうなのでしょうか?

原作ファンの方達はしばらくの間、モヤモヤした日々を過ごす事になりそうです。
【おすすめ記事】
梅雨明け予想 2016年 気象庁&気象協会の見解は?

 

スポンサードリンク

 - entertainment , ,