LADYMAGA

尾崎裕哉の生い立ちとその歌声は?「音楽の日」で注目を集める

   

      

7月16日に放送された「音楽の日」で尾崎豊さんの一人息子、尾崎裕哉(おざきひろや)さんが出演し、尾崎豊さんの名曲「I LOVE YOU」と尾崎裕哉さんのオリジナル曲「始まりの街」を披露しました。

尾崎裕哉さんがテレビで歌うのは初めてとあって、尾崎豊さんのDNAを受け継いだ、訴えかけるような切ない歌声に注目が集まっています。

スポンサードリンク

尾崎裕哉さんの生い立ち(プロフィール)

生年月日:1989年7月24日

年齢:27歳

出身地:東京都

血液型:O型

尾崎裕哉さんは、2歳で父の尾崎豊さんが亡くなってからは幼少期をニューヨークで過ごしました。

帰国後は東京都調布市にあるアメリカンスクール・イン・ジャパンに通いながらHIROという芸名で「Crouching Boys」のメンバーとして活動。

その当時、トリビュート・アルバム『”BLUE” A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』と『THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2005』に参加し、「15の夜」を歌っています。

その時の「15の夜」がこちらです。元の「15の夜」とは全くの別物になっています。

アメリカンスクールを卒業後は慶応義塾大学環境情報学部に入学。その後、同大大学院へ進んでいます。

在学中にはエフエムインターウェーブで自身初のラジオ番組『CONCERNED GENERATION』のディスクジョッキーを務め、活動の目標を「社会に溢れる人種問題、貧困問題、環境問題などの様々な問題を“音楽”という手段で解決して行きたい」と、語っています。

そして、2015年10月に、尾崎裕哉として初めてのライブを大阪で行い、本格的に歌手活動をスタートさせました。

 

スポンサードリンク

尾崎裕哉さんの歌声

尾崎裕哉さんの歌声はお父様の尾崎豊さんのDNAを確実に受け継いでいます。

この歌声に関して尾崎裕哉さんは「時々歌っていて父親の声と自分の声がリンクして、どっちがどっちなのか分からなくなることがある」とおっしゃっています。

父親と比較されることについては「似てることはうれしいですし、プレッシャーはあるんですけど、それより自分は何のためになるのか、という葛藤の方が大きかった」と語っています。

その歌声がこちらです。

まずはお父様の名曲「I LOVE YOU」

そして、20歳の時にお母様から「お父さんがいなくてごめんね」と言われた時に作ったというデビュー作「始まりの街」

とても繊細で切なくて、でも力強く訴えかけてくるような尾崎裕哉さんの歌声。

今後の活躍が楽しみですね。

 

【おすすめ記事】
「ロペス」キンタローの新パートナーってどんな芸人さん?#金スマ社交ダンス 岸英明

山崎友里江アナ愛人クラブ登録した理由は「彼氏と別れたから」?!

 

 - entertainment , , ,