LADYMAGA

【画像入手】バレエ講師の指切断 橋本浩明 犯行の理由とその性格

      2016/07/07

      

東京都渋谷区渋谷3丁目のバレエスタジオ「バレゾナンス東京バレエスタジオ」で講師の女性の指を工具で切断したとして、警視庁は6日、住居不詳の自称整体師、橋本浩明容疑者(41)を傷害容疑で現行犯逮捕しました。

渋谷署によると、橋本浩明容疑者は6日午前8時40分ごろ、バレエスタジオ内で、講師の女性(24)に馬乗りになり、首を絞めるなどして失神させた上、右手の親指の付け根をタガネとかなづちを使って切断したといいます。

なぜ橋本浩明容疑者はこのような犯行に及んだのでしょうか?

犯行に及んだ理由と経緯、その犯行から見えてくる性格を推測してみました。

スポンサードリンク

バレエ講師の指切断 橋本浩明容疑者の犯行の詳細と理由

橋本浩明容疑者は、一昨年の11月にこのバレエ教室に入会しました。

しかし、他の生徒や講師とのトラブルが相次ぎ、1年程で退会させられています。

その後、橋本浩明容疑者は教室に姿を見せる事はありませんでした。

 

ところが、6日の朝、突然教室に現れます。早朝だった為、教室には女性講師と橋本浩明容疑者の2人きりの状態でした。

 

被害に合った女性講師は、当時、担当していた講師の方でした。

橋本浩明容疑者は「なぜ俺が怒っているかわかるか?」そう怒鳴りながら教室に入ってきて、突然、女性講師に襲いかかり、首を絞め気絶させます。

さらに馬乗りになり、持ってきていたタガネを右手親指に押し当て、金槌で打ち付けたのです。

その後、橋本浩明容疑者は自身で警察に通報。

警官が駆けつけると、女性が倒れており、親指は付け根から切断され、女性のそばに落ちていたと言います。

橋本浩明容疑者はその場で現行犯逮捕されました。

 

調べによると、橋本浩明容疑者は「私がやった事に間違いありません」と容疑を認めています。

さらに犯行の動機をこう述べています。

「去年の発表会で不公平な扱いをされた」

「他の生徒には練習日程がまわっていたのに自分には来なかった」

「先生を問いただしたが邪険にされた」

 

また、親指を切断した事に関しては、こう述べています。

「命に関わらない場所を選んだ」

「最初は小指を切り落とすつもりだったが、薬指まで切り落としてしまいそうだったので、親指にした」

 

そして、橋本浩明容疑者は衣類などが入ったバックを持っており

「最初から刑務所に入っても構わないと思い、用意してきた」と供述しているようです。

凶器のタガネと金槌に関して「先月くらいに近所のホームセンターで買った」と供述しています。

 

被害にあった女性講師は「首を絞められ気を失っていた。気付いたら指が切断されていた」と話しているという事です。

 

スポンサードリンク

橋本浩明容疑者の犯行から推測する性格と犯行を決めた経緯とは?

橋本浩明容疑者は現在、住所不定、無職とのこと。

この事件が報道された当初は川崎市幸区小倉、自称整体師と報道されていたことから、以前は川崎に住み、整体師をしていたのではないでしょうか?

その、橋本浩明容疑者の画像がこちらです。

スクリーンショット(2016-07-06 19.45.00)

出典 twitter

一見、どこにでもいる普通の男性に見えます。

橋本浩明容疑者が通っていたバレエ教室には男性の生徒も数名おり、生徒同士の仲も良かったといいます。

そんな和やかだった教室の中で、次々とトラブルを起こし、退会を勧告されるまでになった橋本浩明容疑者。

トラブルの内容は明らかにされていませんが、供述している内容を見ても、承認欲求がとても高く、自己中心的で、自己愛が強いために攻撃的な態度をとってしまうという性格が見て取れます。

「発表会の練習日程が回ってこなかった」とありますが、この教室の去年の発表会は9月頃、橋本浩明容疑者が退会させられたのも、そのくらいではないかと推測されますので、恐らくは、すでにやんわりと退会の勧告を受けていたのではないでしょうか?

 

「もんもんと今日まで思い詰めていた」と供述している事から、「自分は何も悪くないのに、辞めさせられた」という思いをずっと引きずっていたのでしょう。

 

では、なぜ半年以上も経ってから犯行に及んだのでしょうか?

 

それは、橋本浩明容疑者の仕事と関係があるのではないかと思われます。

常識で考えれば、バレエ教室に通っていた時点では、家も仕事もあったはずです。しかし今は住所不定・無職。

 

バレエ教室を退会させられ、もんもんとした日々を過ごしていた橋本浩明容疑者は、職場でもトラブルを起こし退職。

無職になり、家賃も払えなくなってしまった橋本浩明容疑者は家も失ってしまった。

自分の非を認められず、全てを他人のせいにしか出来ない橋本浩明容疑者は、全てが上手く行かなくなってしまった原因を自分に冷たくした女性講師になすり付け、下火になっていた女性講師への憎しみが一気に高まったのではないでしょうか?

そして失う物が無くなった橋本浩明容疑者は犯行を決意し、先月、凶器を購入。もしかしたら何日間も朝になると教室を見張り、被害にあった女性講師が一人で出勤してくるチャンスを狙っていたのかもしれません。

 

また当初から指を切り落とす事を目的にしていたという事は、女性講師に一生残る傷を付けて、その傷を見るたびに女性講師が橋本浩明容疑者にしたことを思い出させたかったのではないでしょうか?

もしかしたら、女性講師に対し、恋心を抱いていたのかもしれません。

 

恐らく、逮捕された今でも、橋本浩明容疑者に後悔や反省の念などはないでしょう。もしかすると、達成感すら味わっているのかもしれません。

女性講師の指は手術で接合されましたが、機能が回復するかはまだわからないという事です。

橋本浩明容疑者には、重い処罰が下される事を期待します。

 

 - news , , , ,