LADYMAGA

ファンキー加藤「W不倫謝罪」会見で語られなかった”ゲス不倫”

   

      

元ファンキー・モンキー・ベイビーズで歌手のファンキー加藤さんが7日、都内で会見を行い、同日発売の「週刊女性」が報じた、お笑いコンビのアンタッチャブル柴田英嗣さんの元妻との不倫について「記事に書かれていることはすべて事実です」と認め、謝罪しました。

「週刊女性」によりますと、柴田さんの元妻のAさんとファンキー加藤さんは、加藤さんの妻が妊娠中の14年末の飲み会で知り合い、不倫関係に発展。

もともとアンタッチャブル柴田さんとファンキー加藤さんは友人関係にあったのですが、アンタッチャブル柴田さんと元妻Aさんの離婚が成立するまで、Aさんが柴田さんの奥さんだったとは知らなかったそうです。

柴田さんと元妻Aさんの間には2人のお子さんがいらっしゃいますが、元妻Aさんの申し出により、昨年5月に離婚が成立しています。

スポンサードリンク

まずは、会見の様子を見て頂きましょう。


一見、「責任の多くは自分にある」と男らしく過ちを認め、全て正直に話し、誠心誠意、謝罪していらっしゃるように見えます。

そして、アンタッチャブルの柴田さんは、取材に対し

――離婚の原因は?

「奥さんが、もう……ちゃんと先方さんとお付き合いしたい、という形で。……妻からそういうことを言われてって感じですね」
「まぁ持っていかれたって感じになっちゃうけど……(苦笑)。そういうふうに書いてほしくないというか。まぁ、俺は奥さんをかばいたいから。奥さん的には実際にホントに、好きな人ができてしまったから、離れましょう、というけじめだったので。もう、それはふたりの話だから……」

――加藤さんとは、ご友人関係だったと思いますが、いまのお気持ちは?

「それは人の恋愛ですから……、ふたりが決めたことでしょうし、まぁ自分が口を挟むことではないな……と」

引用 週刊女性PRIME

と、元妻とファンキー加藤さんを気遣う様子をみせ、離婚から時間が経っている事もあり、終止、冷静にコメントされていました。
そして、LINEの生配信番組に出演した際も2人を気遣い、終止「子供の事だけが心配」と子供を巻き込みたくないという親の顔を覗かせていました。

 

何となく、キレイにまとまっていますが・・・・・・・、良くコメントを見てみると、アンタッチャブル柴田さんの元妻Aさんは柴田さんに「ちゃんと先方さんとお付き合いしたい」と言って離婚を切り出しています。

そして、離婚が成立した4ヶ月後に、元妻Aさんの妊娠が発覚するのですが、離婚を切り出した時点では元妻Aさんはファンキー加藤さんとお付き合いを続けるつもりだったし、実際続けていたという事です。

ファンキー加藤さんが13年に元マネジャーと結婚したことや、昨年2月に第1子となる男の子が生まれた事は、大々的に報道されており、アンタッチャブル柴田さんの元妻Aさんが知らないはずはありません。

ということは、ファンキー加藤さんは「すぐには無理かもしれないけど、いずれは妻と離婚するから」的な事を言って、アンタッチャブル柴田さんの元妻Aさんと交際を続けていたのではないのでしょうか?

 

そして「妊娠を知った時には戸惑ったが、徐々に、生まれてくる子供に罪はないと思うようになった」とコメントしていますが、裏を返せば、「妊娠を知らされた9月から妻に話すまでの3ヶ月間、子供を堕ろすように説得したが、どうしても生みたいと言われ、後々、この事が発覚して大騒ぎになる最悪な事態を恐れ、離婚はしない事、別れる事を条件に、認知した」という事でしょう。

 

自身の妻について、ファンキー加藤さんは「本当の意味で納得してはいないと思います。自分のことを、最後は受け入れてくれて、今、すごく支えてくれているんです。一生をかけて、償っていこうと思っています」「今日も、『しっかり謝ってこい』と言ってくれました」と語り、奥さんの懐と愛の深さをアピールしていましたが、アンタッチャブル柴田さんや、元妻Aさんは、どんな想いでこの会見を見ていたのでしょうか?

実際、アンタッチャブルの柴田さんが会見を開いた際には「加藤ちゃんに対して、怒りとかは今は全然ない」としながらも「加藤ちゃんと付き合いたくて僕と離婚したのに、妊娠しても、向こうは離婚しなかった訳ですからね・・・」「第2・第3の・・・なんて事がないよう、このまま加藤ちゃんに何もない事を願っています」とコメントしています。

 

W不倫の記事が出て、すぐに謝罪会見を開き、質問にも丁寧に答え、マスコミの対応は100点満点と言えるのでしょうが、自身の妻の妊娠中に浮気をし、その後も浮気を続け、浮気相手が妊娠したら捨てて妻の元に戻ると言う、まさに「ゲス不倫」をしたファンキー加藤さんの事を、ファンはどうおもっているのでしょうか?

 

もちろん、Aさんにも既婚者である事・子供がいる事を隠して付き合っていたなど、理解しがたい部分が多々あります。

 

恋愛に関しては何が正しいなどという事は出来ないのかもしれませんが、人の親として、自分の欲望で、子供を傷つける事は絶対に許されない事です。

こうなってしまった以上、子供達がこれ以上傷つく事のないように、芸能人としてではなく、親としての責任をしっかりと全うしていって欲しいと思います。

スポンサードリンク

 - entertainment