LADYMAGA

円楽師匠「不倫会見」奥さんの対応に”座布団一枚!”

   

      

週刊誌「FLYDAY」で40代女性との不倫が報じられた落語家・三遊亭円楽さん(66)が10日、都内のホテルで緊急会見を行いました。

その会見で円楽さんは不倫を認め「私の軽率な行動のためにみなさまにお集まり頂き申し訳ありません。私を応援してくださっているみなさま、スタッフ、関係各位、スポンサーのみなさまにも深くこの場でお詫び申し上げます」と謝罪しました。

スポンサードリンク

事前になされた事務所担当者からの説明では「内容は制限しておりませんので、なんなりとお聞きください」と完全無制限のお達しがなされたそうです。

冒頭、神妙な面持ちで、謝罪と事実説明を自身の口からした円楽さん。自身が主宰するゴルフの会合を通じて知り合い、ゴルフコンペや、落語の独演会の手配などを通じて「好ましい感情」を抱くようになったといいます。

「口説いたといっていい。浮気と言えば浮気。その通りでございます。その結果、この報道になったわけです」と率直に不倫を認めました。

また、「ひとつお詫びするのは、大好きな落語ですから…、どういうことになるかわかりませんが、噺家として、噺家の世界の片隅でもいいから置いておいてくれと。これは仲間にも頼みたいし。落語会に来てくださるお客様に不快な思いをさせたのなら、それは高座でお返ししたい。一生懸命稽古して参ります。何あろうと、6代目円楽として芸道に精進し、一生懸命邁進していきますのでお許し頂きたい」と涙ぐむ場面もありました。

 

その後、囲み取材へ。通常、囲み取材と言えば、記者が矢継ぎ早に突っ込んだ質問をし、タレントがシドロモドロになりながら答えるというのが普段私達がよく見る光景ですが、今回の囲み取材では、円楽さんの話芸がスゴ過ぎて、記者が質問せずに聞き入ってしまう場面や笑いが起きる場面も。

なんと、レポーターに振られて、なぞかけまで披露しました。

「今回の騒動と解きまして、今東京湾を出て行った船と解く。」
「その心は?」
「航海(後悔)の真っ最中」

これには、各局の司会者やコメンテーター、視聴者からは「さすが!」と言ったコメントが多数寄せられていました。

 

また、奥さんの事を聞かれると「浮気を責めるとかそういう事は全くない」「今日の衣装も妻が用意して弟子に持たせてくれたけど、その荷物の下に”頑張れ!”ってメモが入ってたんですよ」「妻と連絡をとっている時に俺が『身から出た錆だな』というと『錆も味になるのよ』って、上手い事言うな〜と思ってね」と語っていました。

この円楽さんの奥さんの肝の据わった対応にネットでは賞賛の嵐に。

円楽さんの奥さんに関しての情報は、普段はハワイの自宅にいる事が多く、お互い干渉し合わない夫婦というくらいしかありません。

円楽さんは「”女遊びは芸の肥やし”と師匠方に言われてきたが時代錯誤だった」とおっしゃっていましたが、少なからず、奥さんもそう思って過ごしていらっしゃったのだと思います。

そして、厳しい世界で生き抜いて、一流と言われるまでになった方の奥さんなのですから、人間の器の大きさも違って当然です。

世の中の男性はくれぐれも勘違いなさらないように、お気をつけ下さい。

スポンサードリンク

 - entertainment, news