LADYMAGA

渡辺大知、前田敦子主演「毒島ゆり子のせきらら日記」の彼氏役で話題!!

   

      
渡辺大知

出典 CLEA WEB

ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」で主人公”毒島ゆり子”の長年の彼氏”幅美登里”を演じる渡辺大知さん。最近CMやドラマなどで見かけた方も多いと思いますが、実はこの渡辺大知さん、とても多才な方だったんです。

渡辺大知さん プロフィール

本名    渡辺大知
生年月日  1990年8月8日(25歳)
出身地   兵庫県神戸市
血液型   O型
身長    179cm
最終学歴  東京造形大学造形学部デザイン学科映画専攻

渡辺大知さんはロックバンド、黒猫チェルシーでボーカルを勤めています。黒猫チェルシーは2007年神戸で結成。地元のライブハウスを中心に活動し、2008年にはライブハウスの推薦で日テレの音楽番組「音燃え」に出演しています。2009年、高校卒業と同時に活動を東京に移し、その夏に渡辺大知さんが約2,000人の中からオーディションで選ばれ、青春映画 『色即ぜねれいしょん』で主演で俳優デビューされました。この映画で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞されています。

アーティストとしての渡辺大知さん

黒猫チェルシーは2010年にメジャーデビューしました。渡辺大知さん(ボーカル)澤竜次さん(ギター)宮田岳さん(ベース)岡本啓佑さん(ドラム)の高校のクラスメイト4人で結成したロックバンドです。もともと澤さん・宮田さん・岡本さんの3人でバンドを組んでいて、そこに引き抜かれる形で渡辺大知さんが加入したそうです。2011年には海外公演も開催し、現在も勢力的にライブ活動をしています。渡辺大知さんが出演していたNHKのドラマ「まれ」にも劇中のバンド”little voice”として出演し、そのままデビューも果たしています。

スポンサードリンク

映画「モーターズ」で監督デビュー

MOTORS_posterB2_0904

渡辺大知さんは2014年11月公開の「モーターズ」で監督デビューをしています。この映画はもともと大学の卒業制作で作ったものでしたが、自主制作映画のコンペディション「PFFアワード2014」で審査員特別賞を受賞し、それがきっかけで劇場公開されることになりました。小さい頃からご両親に連れられて観劇する機会が多く、お話を作るのが好きだったという渡辺大知さんは、ずっと高校を卒業したら映画学校に行きたいと思っていたそうです。高校でバンドを組んでいたときも、その合間に脚本を書いたり、文化祭の舞台の作・演出などもしていたそうで、どこか、”みんなをアッと言わせたい”という気持ちはバンドも映画も一緒だったそうです。とはいえ、高校生が映画好きと言っても、お小遣いでDVDをレンタルして見ているだけで本質はまったく分からなかったと言います。実際に”真の映画好き”になったのは「色即ぜねれいしょん」に出演し、映画の裏側を見て、「これから監督としていろんな人と作業することで、自分の想像を超えたものに出会える場を作ってみたいと思った」との事です。この「モーターズ」では脚本も手掛けています。

脚本を書いているときのゴールは、いいところも悪いところも、自分が好きになれるような世界観が作りたい、というものでした。背伸びせずに、「世界の誰も認めなくても、俺はこの映画が好きだ」と等身大の自分を伝える映画にしたいと。それができないと、観てくれる人の心を動かすこともできないと思ったんです。でも、おかしなことに脚本を書いて、準備していくうちに、この映画がよくなるためには、カッコよくなるためには、自分のエゴはいらないと思うようになったんです。

CLEA WEB

渡辺大知さんの知名度を上げた「日経電子版の田中」

渡辺大知さんといえば、日経電子版の田中ですよね?おとぼけな田中君が電子版となり出来る男に変貌すると言うストーリー。このCMで渡辺大知さんの認知度が一気に高まりました。


スポンサードリンク

俳優渡辺大知としてのこだわり

渡辺大知さんは俳優として映画・ドラマ・CMに出演する際のこだわりは何もないといいます。どんな役柄でも面白い現場はどんどん経験したいそうです。コミカルな役からシニカルな役まで幅広い役をこなす渡辺大知さん。どんな役を与えられてもスッとその世界に入っていき、見る人を引きつける表現力は、努力しても手にはいらない、天性のものだと思います。そんな渡辺大知さんは今回、ゆり子の彼氏”幅美登里”をどのように演じるのでしょうか?今から楽しみですね!

 - entertainment , , , , , ,