LADYMAGA

原口篤子|セレブ大学生SHOUTAの母親とは?!

      2016/06/13

      

最近、テレビなどで話題になっているセレブ大学生のSHOUTAさん。 高級外車やブランド物やオーダメイドの高級家具で溢れる200坪もの自宅を公開して話題となりましたが、そんなSHOUTAさんの母親はどんな方なのでしょうか?

早速調べてみました。

スポンサードリンク

SHOUTAの母親 原口篤子

SHOUTAさんの母親は、アパレル会社 DUAL VIEW社長の原口篤子さんです。

この原口篤子さんの経営されている株式会社は1985年10月に設立されました。
http://www.dualview.co.jp/top.html

クリエイティブディレクターを兼任する原口篤子さんの海外経験を生かし「素材感とカッティングの美しさ」をポリシーに、オリジナルブランド「DUAL VIEW」をスタートさせ、婦人服全般での展開から年を追う毎に、靴・バッグ・毛皮・雑貨・アクセサリーとDUAL VIEWでの世界観で取扱品目を増やし、オリジナルブランドをメインに、海外ブランドも取り扱っています。

また、平成17年秋冬より、PELLETTERIE PALAZZOLESI社のブランド「BERGE」とエージェント契約をスタート。同年、KBP社とZINCOブランドのエクスクルーシブ契約をスタートさせています。

現在、直営店3店舗・百貨店6店舗・有力専門店卸250店舗と手広く展開しており、40代〜60代のマダムに人気のブランドショップです。

原口篤子さんはディレクターとして、買い付けや展示会で国内外を飛び回り、雑誌などで特集を組まれるなど、有名なセレブ実業家なのです。

詳細な経歴などの情報はありませんでしたが、17歳の時に友人の紹介でご主人と知り合い22歳の時に結婚。34歳の時にSHOUTAさんを出産されて、現在56歳との事です。

 

そして、SHOUTAさんの父親、原口篤子さんのご主人、原口忠さんは華族の末裔で、東京・恵比寿に医療法人社団朝日会えびす皮フ泌尿器科を1988年に開院し、院長を務めています。医療法人社団は1998年に設立しているようです。
http://www.ebisu-hinyoki.org/profile.html

こちらは先月、お二人の結婚記念日にお食事にいかれた時のお写真だそうです。
a91e8886-s

華族とは昔の日本にあった貴族制度で貴族として扱われた特権的身分のことです。

ご主人のお爺さまにあたる原口 兼済(はらぐち けんさい)氏が日露戦争で第13師団長として樺太作戦を指揮、樺太全土を占領を成し遂げ、退役後1907年9月に天皇から華族として認められる「男爵」を叙爵したそうです。

ちなみに、公表はされていませんので確かではありませんが、華族の末裔は学習院への入学が保証されているそうなので、SHOUTAさんの大学は学習院大学の可能性が高いと思われます。

 

SHOUTAさんが出ているテレビなどでもセレブな生活は十分見させて頂いていますが、さすがセレブ大学生の母親。

原口篤子さんのブログを拝見すると、その生活は想像以上でした。

こちらは、先日イタリアで開催された「コンクールドエレガンス」にいかれた時のお写真です。「コンクールドエレガンス」とはクラシックカーの美しさを競うコンテストで、世界中のクラシックカー好きのセレブが集うコンテストなんだそうです。

c0ceab86-s
こちらのドレスはこの日の為にクリスチャン・ディオールでオーダーしたそうです。

 

そして、泊まったホテルがこちら
404b787d-s

66030c89-s

13168e3c-s

 

この他にも、香港旅行の際にたまたまやっていた展示会でフォックスの毛皮をご購入
f52e86d1-s

 

そして、パリではシャネルのプライベートディナーに招待され、SHOUTAさんとお二人でVIPルームで記念撮影
cd839694-s

f2fe48fc-s

507cf9a1-s

別の日には、シャネルが車を用意しホテルへの送迎付きで、ジュエリーをお買い物
ab44dcd7-s

7ea3b2f6-s
この待遇は年間何千万単位で購入する上顧客しか受けられない待遇です。

 

また、シャネルだけでなく、ブログにはディオール・フェンディ・セリーヌ・ルブタンなどそうそうたるブランドでのお買い物の様子が紹介されている事から、恐らくファッションだけで、SHOUTAさんとお二人で年間、5000万近くはお買い物されているのではないでしょうか?
そしてご自宅も
ae915957-s

75284646-s

リビングの家具は全てイタリアから買い付けてきたものだそうで、その下に敷いてあるペルシャ絨毯は3500万もするそうです。

そして、玄関にはプロのフラワーアーティストが生けたお花。その後ろにはさりげなくブランドの靴が・・・。

 

泌尿器科の開業医と中小企業の社長では、せいぜい世帯年収は6000万〜7000万くらい。ここまでの生活はできないと思いますので、この他にも不動産などの大きな収入があるのではないかと思われます。

 

しかも、海外に行く時はプライベートジェットで行くことも多いとか。ファーストクラスどころではありませんね。プライベートジェットは利用人数にもよりますが、チャーターした場合でもファーストクラスの2倍〜4倍くらいの費用がかかります。
shouta22-300x198

 

ここでご紹介した以外にも、本当にため息が出てしまうようなセレブ生活をブログで紹介しています。

ご興味のある方はぜひ、原口篤子さんのブログを覗いてみてください。
http://atsuko-dualview.doorblog.jp/

 

スポンサードリンク

 - entertainment